名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他…冬場の見えにくさ

Q、

私は2008年8月にレーシックをしました。視力は1・2となりました。(元々0・02でした)
しかし、その年の冬に視力0・6まで下がりました。
2009年春以降、視力が1・0まで回復。しかしまた冬場に0・6まで下がりました。
2010年春に1・0に回復。その後、またまた11月になり少し見えにくくなりました。
執刀医院にきくと、冬場は乾燥するので視力が安定しないこともあるそうです。
将来も冬場は見づらいままなのでしょうか?

(39歳 男性)
A、

はじめまして。
これは当院でもよくあることです。
涙液は屈折の安定性にも少なからず影響があります。従いまして、ドライアイがある方は、この季節、見えにくくなる方が多くなります。
ドライアイをしっかり管理して快適に過ごされることをお勧めします。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室