名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他-長期経過、再手術の回数

Q、

下記、2点、教えて下さい。

  1. 手術後、(例えば5年程度経過した後、)経時的に視力が低下した場合、再手術は(医学的に)可能でしょうか? 可能な場合、何度目程度まで可能でしょうか?(実績もあれば教えて下さい。)

  2. 手術後30年後、40年後の、手術の影響が心配です。手術者独特の、加齢による(例えば角膜に皺がより易くなるなど、)問題として、何か考えられるでしょうか?
A、
  1. 角膜の厚みがあり、形状などに問題がなければ可能です。ただし、角膜への侵襲を考えてせいぜい2回くらいまでに留めた方がよいのではないでしょうか。当院では再々手術に至った方は3名ほどです。それ以上はありません。

  2. レーシックは今のところ18年の歴史です。30年以上のデータはありませんが、理論的に考えて加齢による悪化は考えられません。ちなみにレーシックの原型になったケラトミレウシスというフラップを作る手術は何十年も前に行われましたが、長い経過でも問題を来たしていないようです。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室