名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応ー虹彩炎のある方

Q、

先日他院でイントラレーシックを受けました。手術後の翌日健診で「左目に虹彩炎の症状があります。レーシック手術は成功しているようですので、これは手術前からあった所見のようです。当院ではレーシック専門医院なので、虹彩炎治療の出来る提携病院を紹介します。」と言われました。
虹彩炎が手術前にあった場合はレーシックの適用外になるのではないでしょうか?
また、イントラレーシック手術の合併症で虹彩炎になる事はありますか?
視力に関しては現時点では手術後2日ですので落ち着いてはないと思いますが、両目共に1.5でています。

(41歳 女性)

A、

通常、虹彩炎が既往にある方、また現在虹彩炎が起こっている方にはレーシックはしません。(これは眼科学会のガイドラインに記されております) それは、レーシックにより虹彩炎が悪化する可能性があるからです。 イントラレーシックの合併症で虹彩炎が起こることは聞いたことはありません。ただし、強い角膜の炎症があると、前房内に炎症を引き起こすことはあります。 いずれにせよ、責任を持って治療してもらう必要はあります。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室