名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

眼科専門医とは

眼科医療機関で一定期間の研修を受け、手術実績、学会発表、論文などの基準を満たした後に受験し合格した場合、日本眼科学会より眼科専門医として認定されます。

専門的な眼科の診療は眼科専門医により行われるべきですが、近視の手術に関しては日本の眼科医が慎重に取り組んだため以前はほとんど行われず、そのため眼科の知識に乏しい医師により手術が行われるという世界的にも珍しい状況にありました。これらの非眼科医による手術によって悲惨な結果となった方が、我々眼科医のもとに困って受診されることが多々あり眼科学会でも問題となっておりました。

そのため2000年1月、日本でもレーザー手術に対する厚生省の承認がなされ、現在では眼科専門医により正しく近視矯正が行われるようになりましたが、まだまだ非眼科医による手術も行われているのが現状です。

レーシックは、比較的安全な手術といわれておりますが、このサイトの中でご説明しているように、わずかでありますが、合併症なども起こる可能性もあり、その際に眼科専門医でないと適切な対処ができない場合もあります。

よって、万が一のことも考えて、レーシック等近視矯正治療は、日本眼科学会認定の眼科専門医で受けられることを強く推奨いたします。

最高の結果を求める方に最高の技術を!レーシックは名古屋アイクリニック

©レーシック相談室