名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

日本眼科学会ガイドライン

日本眼科学会より2004年に改定されたガイドラインによれば、レーザーによる近視矯正手術の適応は次のとおりです。

  • 眼鏡・コンタクトレンズの装用困難者、医学的あるいは他の合目的な理由が存在する場合

  • 20歳以上の屈折値が安定している全ての屈折異常(遠視、近視、乱視)

  • 屈折矯正量は6Dまでを原則、10Dを越えないことが望ましい

  • 6D以上では、十分な医学的根拠が必要

最高の結果を求める方に最高の技術を!レーシックは名古屋アイクリニック

©レーシック相談室