名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応ー逆睫毛の手術後

Q、

以前貴クリニックで適用検査を受け、今年齢等を考慮し検討しております。私は逆まつげのようでまつげが目の中に入りごろごろした感じや痛みかゆみ等があります。二重まぶた手術でずいぶん症状が軽減されるとのことで眼科での処置を考えておりますが、もし二重まぶた手術をした場合(埋没法とのことです。)レーシックの手術に影響はありますか?またどのくらい期間をあけたほうがよいでしょうか?よろしくお願いいたします。

(44歳 女性)

A、

睫毛内反症に対する埋没法は当院でも行っておりますが、レーシックの術前の3ヶ月前に施行します。最短でも1ヶ月は間をおいた方がよいと思います。 レーシックへの影響はありませんが、この処置により乱視が軽くなる方がみえますので、屈折が変わる可能性があるくらいでしょうか。そのため間をおく必要があります。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室