名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-弱視


Q、

はじめまして。
私は幼少時よりの弱視です。当時の医師の診断では”誕生時の黄疸がひどく、その時使用した薬の副作用で目のレンズが成長しなくなった”だそうです。
現在は裸眼で右0.3左0.6 矯正で右0.5左0.7位です。1.5になるなど劇的には回復せずともメガネ無しで今の矯正後位はレーシックで回復するのでしょうか?
またそこへメガネをかけた場合は更に少し視力があがったりしますか?
現在の矯正視力では不便もかなり多いです。

(36歳 女性)

A、

はじめまして。
まずは裸眼でもある程度の視力があり、矯正であまり視力が回復しないようなので、レーシックはされないでよいかと思います。レーシックはあくまでも眼鏡の代わりになるものなので、今のメガネ以上の視力を回復することはできません。レーシック後に眼鏡をかけても同様です。


ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室