名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-不同視

Q、 現在35歳の者です。最近知人(両眼とも近視)がレーシックを受け興味を持っております。小生は右が遠視(視力1.0)、左が近視(視力0.08)で、メガネの矯正は右が+0.75Dで左が−1.75〜2.0Dぐらいです(左の矯正値は定かではありません)。左右それぞれの眼が遠くを見る時、近くを見る時、場合の応じて補うのかメガネ無しでも見えますが、やはりメガネをかけていた方が楽でメガネは常時かけております。しかしメガネなしの生活には憧れるものがありレーシックを考えております。こういった眼の場合(左右が遠視/近視)、将来老眼鏡が要らなくなる可能性があるとか、レーシック治療において敢えて遠視/近視にする人も要ると聞いたことがありますが本当ですか?

だとすると自分の場合、レーシック治療を受けないほうが良いのではないかと悩んでいます。(ただ試しに見てもらった眼科の先生には両眼ともレーシック治療をする事を勧めるといわれました※)誰でも老眼になり(自分の場合は近い将来?)近くを見るときはメガネが必要となる事は理解していますが、現在の視力(左が近視で右が遠視)が将来(老眼が出てきた後)、正常な眼を持った方より便利になるという事はあるのでしょうか?

A、

はじめまして。
「35歳。右+0.75D、左−1.75〜2.0Dの不同視」

1、こういった眼の場合(左右が遠視/近視)、将来老眼鏡が要らなくなる可能性があるか?

 確かに老眼になっても左目で近くは見えるでしょう。ただし、遠方用の眼鏡をかけない時ですが。

2、レーシック治療において敢えて遠視/近視にする人も要ると聞いたことがありますが本当ですか?

 遠視にはしません。老眼年齢(一般に45歳以上)の方に、片目は正視(ちょうど合っている状態)、片目を近視として、遠方、近方、両方を眼鏡なしで過ごせるようにすることはあります。モノビジョンといいます。

3、自分の場合、レーシック治療を受けないほうが良いのではないかと悩んでいます。

 たしかにあと10年以上経った時、老眼鏡が必要がないので便利かもしれません。しかし「メガネをかけていた方が楽でメガネは常時かけております。」と言われておりますので、レーシックをする価値はありそうですね。あなたが現在ほとんど裸眼で過ごしているのなら、受ける必要はないでしょう。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室