名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-LASEK or フェイキックIOL

Q、 先日、某眼科にてLASIKの検査を受けましたが、角膜が薄いとのことで不可と診断されました。選択肢としてはLASEKがあるが、右目が強度近視(現在使用中のコンタクトが-6.50)なのでヘイズの出るリスクが高いと言われました。そのリスクを数値で 表すことは困難とのことで判断に困っています。ちなみに、左目は中度近視なのでそれほど心配するほどではないとのことです。

先生は-8.0以上の方にはLASEKを薦めないようにしているとおっしゃっていますが、私の場合もこれに当てはまるのでしょうか?私のカルテには-8.0と書かれていましたが、これは手術の数ヵ月後に近視が少し戻るので、それを折り込んで矯正するための数値だということでした。

答えにくい質問かもしれませんが、このままLASEKを受けるべきか、他の選択肢(フェイキック)を検討するべきかアドバイスをお願いいたします。

A、

まず、あなたの屈折は-8D弱くらいのようですが、乱視はいかがでしょうか?レーザー機種にもよりますが、総切除量が80-100μmを超えるとヘイズのリスクが高くなります。その際は当院ではマイトマイシンという薬を手術中に用いて、ヘイズの予防をしており、その効果はあると思われます。

角膜の厚みがどれくらい薄いかにもよりますが、右眼のみフェイキックを選択することもよいかと思います。LASEKに比べて視力の回復が早く、視機能的にもとても優れております。ただし、実績数字や長期的なデータが無いなどの不安があるようでしたら、術後の管理をしっかりすることで、LASEK(最近ではepi-LASIKも可)を選択されてもよいのではないかと思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室