名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-PRK or フェイキックIOL他

Q、 別のクリニックで行っているスーパーPRKについて考えています。私は、すでに2つの大手クリニックで検査を行い、

裸眼   左0.06  右0.02
近視度数 左-5.75D  右-7.5D
角膜の厚さ 右左共に 470μ前後

という結果で、角膜の厚さが足りないためレーシックでの手術はNGという結果になりました。2つの医院では、フェイキックIOLを薦められたのですが、目の中に異物が入るということで、あまりやりたくありません。インターネットでいろいろ調べて、スーパーPRKという手術方法(日本でひとつの医院しかやってないようですが・・・)があるときき電話相談しました。

院長先生からは、280μ残して、半年から1年で角膜がある程度再生するから、おそらく手術は可能だろうと言われました。しかし、手術費用もかなりの高額なので、今すぐ手術するかどうか迷っています。

以下質問させて下さい。

・スーパーPRKがまだ日本でひとつしか行われていないのが不安です。広まっていない理由は機械が高いからでしょうか?

・私は以前、ソフトコンタクトの影響のためか、角膜の細胞が年齢のわりに少ない

と言われたことも、矯正手術を希望する理由になっています。ただ、まだ年も若いのでもう少し技術が進歩するのを待ってもいいのかなとも思っていますが、いかがでしょうか?

・先生でもフェイキックIOLを進められますか?

・上記の検査結果では、オルソケラトロジーは適応範囲外でしょうか?

A、

まず、スーパーPRKという医学用語はありませんので、どういう手術手技かは存じませんが、ある特定の医院が宣伝用に作った造語かと思います。

角膜形状が正常で、角膜が薄いだけなら、私ならLASEKかepi-LASIKという方法をお勧めします。ただし、フェイキックIOLもとてもよい成績が出てますので、これも選択肢になるとは思います。右目はLASEKかepi-LASIK、左目はフェイキック、が現状ではベターのように思います。オルソケラトロジーは近視が強すぎるため適応外です。

お若いですから、フェイキックの術後成績をもう少し長く観察してから、どうするかを決めるのも良いことかと思います。


Q、 PRKにするかフェイキックIOLにするか悩んでいまして、メールさせて頂きました。(他の病院なのですが、、)適正検査をうけたところ、ギリギリレーシックができるかどうか、もしくはPRKになりそうだといわれました。そのことをいきつけの眼科の先生に話したところ、私の目の度数だと、フェイキックIOLのほうが、視力の回復は確実だし、将来を考えてもそちらのほうが良いのではないかと言われました。レーシックは角膜を削るのでなくなってしまうが、フェイキックのほうはレンズの取り外しができるので、将来対応できるから、という説明でした。

将来を考えると、フェイキックのほうが良いのでしょうか?

PRKで心配なのは、もし0.3〜0.5ぐらいにしか視力がでなかった場合、厚みがもうないので再手術ができないということ。その時にフェイキックの手法をとれるかどうかを知りたいです。

A、 あなたの屈折度数、角膜厚、角膜形状、などから、総合的に判断しなければなりませんし、現状はそれぞれの利点・欠点も考え合わせ結論を出すしかありませんし、絶対的に正しい答もないと思います。まずは、一番信頼できると思う先生を選択し、その先生にとことん質問をぶつけることかと思います。

PRK後にフェイキックをすることは可能ですが、あまり賢い選択とは思えません。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室