名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-視力の不安定

Q、 先日、レーシックの適応検査に行きました。眼圧が高かったのですが視野異常もなく、角膜の厚みもOKだったので手術を決めました。その後、手術前検査で視力検査を行ったのですが視力の出方が悪く、適応検査時の視力データとかなりの差がありました。とりあえず1週間、目薬(ミドリンM)をさしてから再検査しましょうと言われました。日によって視力の出方にかなり差があるのに、このままレーシックの手術を受けると術後がとても不安です。手術は見送った方がよろしいのでしょうか?
A、

コンタクトレンズを使用していないでしょうか?特にハードコンタクトをしていると、外した後に角膜形状への影響が解除され、徐々に屈折(近視・乱視の度数)が変化します。また、ドライアイなどで角膜表面のコンディションが悪くても屈折が不安定になります。眼圧は関係ないと思います。ミドリンMの指示が出たとなると、調節(手元にピントを合わせようとする力)が通常から不必要にかかっているせいも考えられていると思います。いずれにせよ何度か検査を受けて、安定を確認してから手術を受けられることをお勧めします。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室