名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-高度近視、イントラレーシック

Q、 私の目のデーターは

右0.04(角膜の厚さ527um)

左0.03(角膜の厚さ522um)

なのですが、今日病院でイントラLASIKを薦められました。明後日手術予定なのですが、ここにきて迷いが生じています。もし先生なら、どちらの手術をお薦めされますか?角膜の厚みがぎりぎりの為、万が一の場合再手術ができなくなるのでは、と心配になっています。

A、

残念ながら近視の度が書いてないので(視力だけでは分かりません)、きちんとしたお答えが出来ませんが、おそらく近視は強い方と思います。さて、その際、確かにイントラレースを使用すると、薄く正確な厚みのフラップを作れるのでその点ではメリットがあると思います。「どちらの手術」とは、マイクロケラトームとの対比のことでしょうか?どちらにせよ、ぎりぎりということはイントラレースを使用してもレーシックである限り、再手術はできないと考えたほうがいいと思います。そういう際の選択肢として、当院ではフェイキックIOLというものをお勧めすることもあります。このあたりも主治医にお聞きになられたらいかがでしょうか?

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室