名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-高度近視で角膜薄い場合

Q、

今年の8月にレーシック専門の某クリニックにて適応検査を受けましたが、角膜が薄くレーシック及びイントラレーシック共に無理とのことでした。しかし、また元の裸眼での視界に対する思いが捨てきれずネットにて色々調べたところこちらの相談室を知りました。ある程度の検査結果が分ればどんなオペが可能かどうか等おおよそ分るようですが、そこで私の目の状態からどんなオペが可能か、もしくはやっぱり難しい等をお教え頂けたらと思います。 

検査結果は下記の通りです。

裸眼視力  右左共に 0.04

矯正視力  右左共に 2.0

矯正度数  右左共に −7.50 D 

乱視   右左共に なし

眼圧     右 12.1mmHg 左 11.2mmHg

瞳孔径    右  6.41mm  左  5.75mm

角膜厚    右 460μm   左 458μm

※ 現在ソフトコンタクト使用中  19年間

以上どうか宜しくお願い致します。

A、

あなたは近視が強く角膜が薄いので、レーザーによる近視矯正手術はいかなるものも適応外と思います。これだけのデータでは絶対とは言えませんが、有水晶体眼内レンズ(Phakic IOL)の適応と思われます。詳細は当院ホームページをご覧下さい。http://www.lasik.jp/treatment/phakic_iol/index.htmlそれにより安全によい視力を得ることが可能です。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室