名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-緑内障疑い

Q、

長年コンタクト(15年程)で矯正していましたが、充血がひどくなり瞼裂斑もできてしまい、手術を考えるようになりました。この間、ある病院で検査をしてもらった結果緑内障の疑いがありと診断されました。角膜厚が517、眼圧が18〜19mmHgだそうです、視力は近視、乱視ともにかなりありました。(数字は覚えてないのですが)術式としてはレーシック、イントラ共に無理ということで、レーゼックならできるということでした。私のように緑内障の疑いがあるのに手術をしても病気に何ら影響はないのでしょうか?

それと、術後にコンタクトレンズでしばらく保護しなくてはならないといわれましたが、充血がひどいのにコンタクトをしていても大丈夫なのでしょうか?乱文で読みにくくて申し訳ありませんがよろしくお願いします。

(37歳 女性)

A、

さて、緑内障眼に対する屈折矯正手術に関しては議論が分かれるところではありますが、私の基準では「視野変化が無い場合は慎重に行う」としております。視野はいかがでしたでしょうか? LASEKは術中に圧迫しない分安全と考えられたのでしょうが、ステロイド点眼を長期に使用しなければならない分、心配なところはあります。LASEK術後のコンタクトレンズは痛みの軽減目的のものですから、使用したほうがよいと思われます。しないとかえって充血がひどくなり、傷の回復も遅れます。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室