名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-ぶどう膜炎既往のフェイキックIOL

Q、

フェイキックIOLを検討しています。コンタクト歴約30年で、左右-11D、-9.5Dくらいです。強度近視であること以外、眼の状態に特に問題はないと眼科医からは言われました。もちろん角膜は薄いのでレーシック等角膜を削る手術は不可です。

ただ、20年ほど前に左目にぶどう膜炎を患っています。その後再発は現在までありませんが、フェイキックは可能なのでしょうか。

(44歳 女性)

A、

ぶどう膜炎の既往がある場合は、要注意です。とくに、虹彩にクリップするアルチザンレンズは虹彩炎を引き起こす可能性がありますので、あまりお勧めできません。するのであれば、後房型レンズ(ICLなど)を選択されたほうがよいかと思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室