名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-高度近視、海外での手術

Q、

マレーシア在住でレーシックかフェイキックを考えていますが、マレーシアで受けようか日本で受けようか悩んでいます。

マレーシアのレーシックセンターで検査したところ

右目 近視-8.00 乱視-1 角膜厚529
左目 近視-9.50 乱視-1 角膜厚545

と診断されました。

マレーシアのA眼科ではイントラレーシックでなくマイクロケラトーム使用のレーシックしかしていませんが、ウェイブフロントにすれば角膜の削る量をセイブできるので大丈夫といわれました。
B眼科ではイントラレーシックをやっていて、ウェイブフロントは角膜をより多く削るので普通のイントラレーシックを勧められました。
その後も両クリニックより勧誘の電話がひっきりなしで、信頼できなくなってしまいました。

私の目のデータをご覧になって、レーシック適応外だとご判断されますか?日本に帰って日本で手術を受けようかとも考えはじめています。

(34歳 女性)

A、

角膜の厚みは標準ですが、近視が強いのでレーシックはぎりぎりでOKかと思います。これはイントラレースを用いても同様です。ウェーブフロントはB眼科が言うとおり角膜をより多く削るのでお勧めできません。

いずれにせよ、近視が強い方は術後の屈折変動が多く出ます。その都度マレーシアへ行くのは大変かと思いますので、日本での手術をお勧めします。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室