名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-不同視、高度近視

Q、

以前、御クリニックで検査を受けて、手術を考慮中のものです。

適応検査結果は

右-4.25D、乱視2.5、角膜545、暗所8mm(通常6mm)

左-8.25D、乱視2.0、角膜525、暗所8mm(通常6mm)

ということでした。
その後、色々調べるうちに、手術後のリスクに「近視の戻り」と「不正乱視」、「夜間視力の低下」というものがあることを知りました。

私の場合は結果の通り、左目が昔から特に悪く、先生の診断でも左目はギリギリ適応、といわれたのを覚えています。

「近視の戻り」はもともと近視や乱視の度合いが強い人ほど高い可能性で起こると聞いていました。仮に多少戻ったとしても、裸眼にこだわるわけではなく、今のような厚いメガネでなくなるだけでも良いとも思っています。しかし、左右の視力差がひどくなったり、メガネ等の矯正器具では補正が効かない「不正乱視」も手術後のリスクとしてあると聞くと、少し躊躇してしまいます。

そこで質問なのですが、

・私を手術する場合、特に左目の切除量は通常の人より多く、「近視の戻り」のリスクはかなり高いといえるでしょうか?また、安全なベット数を残すことは出来るのでしょうか?

・不正乱視」のリスクは術者の技量よって避けることの出来るものなのでしょうか?そうでなければ、どのような場合に起こるものなのでしょうか?

・暗所での瞳孔径が大きいことから、いわゆるハロ・グレアによって夜間の運転が出来なくなるほど厳しくなるものなのでしょうか?

稚拙な知識のため、長い質問となってしまいましたが、手術を受けるにはどうしても知りたいことです。ご回答をよろしくお願いします。

(33歳 男性)

A、

・私を手術する場合、特に左目の切除量は通常の人より多く、「近視の戻り」のリスクはかなり高いといえるでしょうか?また、安全なベット数を残すことは出来るのでしょうか?

たしかに高度近視は戻りは多く出ます。ただし、「かなり」ということはありません。最近のデータでは、●●様くらいの右目くらいの方の平均視力は1.2くらいです。角膜の厚みが標準なので、安全な厚みは残せます。

・不正乱視」のリスクは術者の技量よって避けることの出来るものなのでしょうか?そうでなければ、どのような場合に起こるものなのでしょうか?

最近のレーザー技術で当院のMEL80であれば、偏心なども起こらずほぼない、と考えていただいて結構です。

・暗所での瞳孔径が大きいことから、いわゆるハロ・グレアによって夜間の運転が出来なくなるほど厳しくなるものなのでしょうか?

できなくなる方はいませんが、少ししずらくなる可能性は考えていただいた方がよいかもしれません。とくに夜間の高速道路など。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室