名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-角膜移植後のレーシック

Q、

両眼0.03の近視でイントラLASIK手術を検討しています。年齢的に老眼が心配で少し近視を残したほうがいいのか、完全矯正をして老眼が出るのを諦めるか、悩んでいます。少し近視を残すというのは具体的に1.0の視力は出ないのでしょうか?

1.0前後出るのであれば事務職で、毎日長時間パソコンや書類とにらめっこのため少しでも老眼が出る時期を遅らせたいのですが。先生のご意見を教えてください。

(43歳 女性)

A、

年齢的にこのあたりはしっかり考えなくてはなりません。長時間のデスクワークとなると、たしかに少し近視を残すのもよいかもしれません。その時の視力は0.7-1.0くらいでしょうか。その場合は、遠くははっきりとは見えず、とくに夜間の運転に困難を来たすかもしれません。その際は軽い眼鏡が必要になると思います。 このあたりはとても大切なことなので、じっくり時間をかけて検査(シミュレーション)・カウンセリングを受けられたらよいと思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室