名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-epi-LASIKかLASEKか?

Q、

Aクリニックで適正検査を受けたところ、円錐角膜の疑いがある、と言われLASEKをすすめられました。帰宅後、AクリニックのHPを見たところ、LASEKはやっていないようでした(epi-LASIKはやっている)ので、HPにLASEKもやっている、と書いてあるBクリニックを受診してみました。

Bクリニックでは同様に円錐角膜の疑いがあるのでやはりLASIKは勧めないが、LASEKより新しい治療だから、とepi-LASIKをすすめられました。

わざわざ、自クリニックで表立って実施していないLASEKをすすめられたAクリニックのいうとうり、epi-LASIKよりLASEKのほうがいい、という医学的理由があれば教えてください。

私の円錐角膜の疑いの程度はかなり軽く、Bクリニックでの担当医はイントラLASIKでいけると思うが、念のため診療部長に聞いてみます、と言われ、実際に私を診察していない診療部長がデータを見てepi-LASIKをすすめた、という程度です。

(36歳 女性)

A、

epi-LASIKかLASEKか? ほとんど同じ手技で、角膜上皮をアルコールを用いて剥がすか、エピトームという機械を使って剥がすか、という違いです。

各医院の先生がどちらかの手技を選択したのには理由があるでしょうけれど、その理由は分かりかねます。 

ちなみに私はepi-LASIKを行っておりましたが、1例角膜上皮フラップ作成時小さな合併症をきたしたため、今はLASEKのみ行っております。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室