名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・適応-高度近視に対してレーシックorフェイキックIOL?

Q、

この前行った病院で、高度近視にもかかわらず角膜が少し薄いため、レーシックをするとしてもたくさんレーザーをあてるわけにはいかず、あまり視力回復が望めないからやらない方がいいと言われました。

でも、今のメガネのままではレンズがとても分厚いし、光の屈折で目が小さくゆがんで見えてとてもかっこ悪くて辛いです。コンタクトはあわないため、ほとんどつけることができませんでした。

今の視力はメガネをかけて両目0.7、片目0.3です。今はこれで見えているのでまだいいですが、これ以上悪くなった時、もっと強い度にするのは今でも目が疲れるのでキツイです。私は視力が0.1まで回復しただけでもすごく嬉しくて感動すると思います。1.5とかを目指すのではなく、0.1を目指すのはダメなのでしょうか?それだけでもメガネはゆがみが少なく、厚みの薄いものに替えられるし、目の疲れもかなり軽減すると思うんです。

親に目の手術を反対されているのですが、唯一レーシックだけは話をして許してもらえたので、レーシックを絶対受けたいと思っています。前向きな回答をお願いいたします。

(20歳 女性)

A、

軽い近視が残っても、安全範囲でレーシックを、という考え方も間違えではありませんが、私は無理がある中でレーシックを行うより、眼内にレンズを入れて矯正するフェイキックIOLをお勧めします。高度近視の方にとっては視力だけではなく安全面も有利かと思います。ご検討されてはいかがでしょうか? 徳島では藤田眼科で手術を行っておられます。腕も確かなとてもよい先生です。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室