名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-PRK後の過矯正(遠視)

Q、

3年前にPRKで近視矯正しました。術後から現在まで、過矯正で遠視になり悩んでいます。右+2.5、左+0.5です。
遠視矯正のための再手術は角膜の厚さが足りなくてできないと担当院で言われました。
また他院で診てもらっても、ベッドが300に足りないのでうちでは触れないとのことでした。
この先、眼鏡やコンタクトで遠視と付き合っていくしかないのでしょうか?
何か手段があればと思ってご相談します。

(28歳 女性)

A、

はじめまして。
右目+2.5Dはつらいですね。
遠視矯正は基本的に中心部は削らないので、角膜中心の厚みがある程度あれば大丈夫だと思うのですが、300マイクロンを切っているとなると少々心配ですね。
あとはフェイキックIOLやCKという手段も考えてもよいかもしれません。
このあたりも主治医にご相談ください。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室