名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-目を動かす

Q、 LASIKを受けるために眼科検査を受けたのですが、「緊張しやすい方ですと失敗するリスクが高いですが、それでもLASIKをしますか?」とのことでした。自分自身では眼球を動かさないように努力するつもりですが、反射的に動いてしまう事については自分ではどうしようもないと思います。どう判断したらよいのでしょうか?
A、

「緊張しやすい方ですと失敗するリスクが高い」
これは、無いと思います。ただし、手術がやりにくいことは事実ですが、リスクが高くなることはないでしょう。

 「自分自身では眼球を動かさないように努力するつもりですが、反射的に動いてしまう事については自分ではどうしようもないと思います。」
その通りですね。フラップを作る時に極端に顔を動かせば、マイクロケラトームが外れてしまう可能性はありますが、言葉掛けをしながら行えば、そのようなことは起こらないと思います。

 また、レーザー中に目・顔が動くと確かに正確なレーザー照射は行えません。そのため、多少の動きにはアイトラッキングが作動して追尾します。それでも追いつかない場合は、眼球固定器というもので目自体をしっかり押さえつけて、動かないようにもできます。おそらくあなたは検査時によく動かれたので、釘をさされたのではないでしょうか。いずれにせよ、手術はしっかり行えますのでご安心ください。


ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室