名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-術後の視力低下

Q、 2年前にレーシック手術をしました。右目はよく見えるようになったのですが、左目が当初からあまりよくならず、だんだんひどくなり、今では視力が0.2くらいになってしまいました。病院で検査をしたところ、再手術をしてもよくなる見込みはないと言われ、めがねでも矯正できないといわれました。どうしたらよいか困っています。これは手術の失敗なのでしょうか?それともほかに何か原因があるのでしょうか?手術をしたところ以外の病院で診察をしてもらいたいと考えていますが、どこかよい病院はありますか?
A、

検査、診察してみないと何とも言えませんし、原因としていろいろ考えられますが、ケラトエクタジアという合併症を来たしていることが懸念されます。これは、角膜の一部が弱く、そこをさらに薄くしたことにより前方に突出して、近視・乱視がさらに強くなってしまう医原性の病気です。今回の視力が出ない原因に関しては、何かお話があったのでしょうか?信頼おける医院で是非セカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。当ホームページの病院検索に掲載されている施設であれば、ご相談にのっていただけると思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室