名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-再手術

Q、 私はコンタクトレンズを購入する際、色々と試した上で自分にあっていると思ったレンズをしてみたら、数時間で頭が痛くなり、その後右眼の度を下げてもらいました。しかし、まだ若干頭痛がしたため、もう一度度を下げてもらいようやく気持ちよく見えるようになりました。現在LASEKを検討中ですが、検査などでは自分に合っていると感じて手術し、その後にこのようになった場合、再手術は可能でしょうか?

(25歳 男性)

A、

再手術は角膜の厚みがあれば可能かと思いますが、コンタクトを替えるように気軽に行うものではありません。当然、リスクもあります。そのため、術前にしっかり検査して、矯正量を決める必要があります。


Q、 今年1月に他院にてレーシックを受けましたが、片目が過矯正気味になり三ヵ月後に再手術を受けました。

以前よりだいぶいいのですが、まだクリアに見えないときがあり、片方の視力が良いためなのか、気になって仕方がありません。検査の結果は、本当にわずかの遠視と乱視が残っているとのことですが、ほぼ正視とのことです。それなのに目を開けていることが気持ち悪く疲れる感じで、両目で見ることが苦痛です。視力以外にこのような状態を引き起こす原因はあるのでしょうか。もともと軽い外斜視があることなどは関係あるのでしょうか。

また、再手術の際は同じフラップをめくったとのことですが、3回目の矯正はできるものなのでしょうか。遠視の矯正は何回も行っても問題ないものなのでしょうか。

A、 再手術前の検査では調節麻痺剤(サイプレジンorミドリン)を使用されたでしょうか?ひょっとすると見た目上「正視」でも、まだ遠視が潜んでいるかもしれません。その他はドライアイなど。外斜視も原因としてはなりうると思いますが、術前コンタクトを使用していて問題が無かったのであれば、それが原因ではなさそうです。 再々手術でフラップをめくることは通常問題はありません。術後の管理がよい場合ではありますが。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室