名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-ハロ

Q、 2006年1月19日にレーシックを受ける予定になっています。
直前になって少し不安になってきたので何点か質問させてください。

1.現在、仕事で蛍光顕微鏡を見ているのですが、術後のハロによりにこれが見えなくならないかと心配です。蛍光顕微鏡のサンプルの見え方としては、真っ暗な中に青紫や黄緑の蛍光色の1〜2ミリの点が見えるといったものです。一応、担当の方に質問したのですが、うまく伝わっていないような気がして心配です。 いかがでしょうか。

2.この手術を受けた後、将来的に白内障の手術を受けることは可能なのでしょうか。 別に現在、白内障があるといったわけではなく、加齢により将来なることを心配しているだけなのですが・・・。

3.術後、ハロや混濁が著しくひどい場合は、角膜移植などによって改善するといった選択肢はあるのでしょうか。

A、

1.一般に近見作業、とくに顕微鏡を見ている時は、瞳孔は小さくなってます。したがって、いわゆるグレア・ハロは自覚しないと思います。

2.問題なく手術は可能です。ただし、眼内レンズの度数計算が若干難しくなるといわれております。2-30年後にはこれも解決されていることでしょう。

3.ありますが、角膜移植はあくまでも最終手段です。よい視力が得られるとは限りませんし、術後乱視も必発です。その前に、いろいろと手段(カスタムアブレーションやPTKなど)が講じられると思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室