名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-イントラレーシック後の感染

Q、 イントラレーシックを手術したのですが、術後痛みがあり次の日に検査してもらった所、「感染してますので洗浄しましょう」と言われました。洗浄してからは痛みはなくなったのですが、お医者様からかすみが直っていけばよいのですが・・と言われました。写真では眼球の所が汚れているような感じで白くなってました。とりあえず目薬と薬で予防しているのですが、このような状態で目は大丈夫なのでしょうか?
A、

術後感染は当院では経験はありませんが、角膜を切開するわけですから、当然起こりうることです。そのため、術後管理はとても重要なのです。とにかく、抗生物質(点眼・内服・点滴)により、しっかり治療しなければなりません。また、治癒後に瘢痕などを残すと永続的な視力障害の原因となります。とにかく今は重要な期間ですから、主治医の指示に従い、しっかり治して下さい。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室