名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-夜間の見にくさ

Q、 私は、3ヶ月前にイントラレーシックを受けました。(スタンダート照射)視力は術前0.1程度から両眼とも術後1.5ですが、度数は右は術前S−3.60 C−0.91 A20で術後、S+0.49C−0.16 A35 です。
左は、術前S−2.64 C−1.61 A166で術後、S+0.75 C−0.69 A26 です。

左眼に若干の乱視が残存しています。視力表では不思議と1.5と良い結果が出ますが、自覚的な左右差はかなり気になっていて、室内や、夕暮れ時等は特にひどいです。日中屋外はあまり左右差を感じませんが、まったくないというわけではありません。

手術を受けた病院に片眼のみ再手術を打診しましたが、1.5という視力がでていることと、再手術を施すと、かえって悪くなる、以前このようなケースを再手術してかえって悪い結果となった。微妙なコントロールは不可能と言われました。以前眼鏡をかけてきれいに見えていたものも見えにくくなり(左眼のみ,ぼやける、霞むなど)、とても残念です。諦めるしかないのでしょうか?

(28歳 男性)

A、

視力は良好だけれど、とくに夜間に見にくいというケースはままあります。この場合は偏心照射がなされていないか?収差(微妙な歪み)が増加していないか?などを調べてみるとよいように思います。このあたりを補正すれば、改善されるかもしれません。手術を受けられた医院にご相談されてみてはいかがでしょうか。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室