名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-術後飛蚊症

Q、 1ヶ月前にレーシックを受けました。術後の見え方は全然大丈夫なのですが。術後5日目くらいから飛蚊症が現れました。結構濃い黒い点と、糸状のやつです。その後の眼底検査では全く問題ないと言われ、もともとあった飛蚊症にたまたま気づいたのではないかと言われました。濃い飛蚊症なのでこれなら術前から気づくのではないかと思っています。レーシックのオペ操作で(眼球固定するときの操作)で後部硝子体剥離になることはないのでしょうか?

(30歳 男性)

A、

たしかに手術操作によって後部硝子体剥離が起きることもないわけではないと思いますが、私自身は経験がありません。当院でも術後飛蚊症を訴える方はいらっしゃいますが、術前からお話しているためかあまり皆さん気にされません。飛蚊症はうっとおしいかもしれませんが、網膜に問題ない限り視機能悪影響を及ぼすことはありませんので、移動して気にならなくなるのを待たれては、と思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室