名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-戻り

Q、 1日中パソコンを見たりしていますが、術後また近視になりますか?
A、

術後に近くを見ることの多い生活を続けると、眼の中のピントを調節している筋肉の緊張状態が続き、仮性近視になる可能性があります。長時間近くを見るときは、なるべく遠くを見るなど、目をいたわってあげてください。
仮性近視になった場合は調節を緩める目薬をさしていただくことになります。


Q、

術後また視力が低下していまうことはありますか?

A、

LASIK(レーシック)手術の効果については、半永久的ですので手術の効果がなくなって元の近視に戻ってしまうということは、理論的には考えられません。しかし、手術を受けた受けないに関わらず、近視になりやすい環境での生活を続けられた場合、近視が進行する可能性はあります。お仕事などでパソコンを長時間使われる方も最近は増えてきていますが、特に手術後は目を酷使するようなお仕事はしばらく避けていただいております。


Q、

手術から数年後、近視・乱視になることはないですか?

A、

LASIKの手術で削った角膜がまた元にもどってしまうことは理論的には考えられません。ただし、近視矯正手術によって矯正できるのは、今現在ある近視・乱視のみです。したがって、LASIK手術以降、近視がすすめば、将来的に近視になる可能性はあるでしょう。このことから、私はまだ近視がすすんでいく可能性の高い未成年の方や近視がまだ進行している方には手術をおすすめしておりません。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室