名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-イントラレーシックによる術後低矯正

Q、 私は先日イントラレーシックを受けました。現在、術後1週間程度ですが、右0.8、左0.1で、左の視力が低く、かなり見え方が違うので、目の疲れや肩こりを感じます。術後の度数としては、右-0.25D、左-1.75Dでした。

左目は、手術当日からずっと見え方は同じくらいです。近くはよく見えますが、遠くは近視の症状と同じ感じでボヤけて見えます。-1.5Dの近視用眼鏡をかけて見たとこと、右と同程度見えました。若干ドライアイを感じますが、そこまでひどくはありません。

手術前の左目の視力は0.02、度数-7Dで、乱視も1.5Dあり、角膜も480μ程度で薄かったので、削る範囲を狭くして、削る厚さを90μにしてベッドをなるべく残すようにしたそうです。

1週間検診で先生に相談すると、「左目は今後1.0以上に回復する可能性もあるし、こ のままの可能性もある。しばらく様子を見ましょう」ということでした。

以上が現在の状況です。今後の視力に不安があるので、3点質問させてください。

(1)イントラレーシックは多くの場合、術後すぐに1.0前後の視力が出るようですが、術後1週間の時点で視力0.1程度で、今後時間の経過で右目との差が気にならない程度に回復することは、過去の事例からいくとどのくらい可能性があるのでしょうか?

(2)術後3ヶ月は視力が大きく変動するということですが、今後左目の視力が1.0前後まで回復するとすれば、どういう仕組みでそうなるのでしょうか?

(3)私程度の角膜の厚さの場合、視力がこのまま上がらなかったときの再手術は可能でしょうか?これ以上削ることが難しいとしたら、フェイキックIOL等、他の手術で1.0前後に回復させることは可能でしょうか?

これだけの情報では判断できないこともあるかとは思いますが、一般論としてでもかまいませんので、分かる範囲で教えてください。

(28歳 男性)

A、

これは単純に「低矯正」ですね。度数-7Dで、乱視も1.5Dあり、角膜も480μ程度はレーシック(イントラ・・・もレーシックであることには変わりません。フラップをフェムトセカンドレーザーを使用して作るだけの違いですから)では厳しい条件ですね。

(1)イントラレーシックは多くの場合、術後すぐに1.0前後の視力が出るようですが、術後1週間の時点で視力0.1程度で、今後時間の経過で右目との差が気にならない程度に回復することは、過去の事例からいくとどのくらい可能性があるのでしょうか?

術直後からの低矯正が回復する可能性は限りなく「0」かと思います。

(2)術後3ヶ月は視力が大きく変動するということですが、今後左目の視力が1.0前後まで回復するとすれば、どういう仕組みでそうなるのでしょうか?

分かりません。そのようにおっしゃる主治医にお尋ねになってください。

(3)私程度の角膜の厚さの場合、視力がこのまま上がらなかったときの再手術は可能でしょうか?これ以上削ることが難しいとしたら、フェイキックIOL等、他の手術で1.0前後に回復させることは可能でしょうか?

480-90=390マイクロンとすると少し厳しいですね。フェイキックは-3ディオプター以上が適応なので、これも条件に合わないですね。残りは角膜リングくらいでしょうか?

いずれにせよ、このような状態になる可能性については事前に説明があったのでしょうか?当院では、あなたのような目の条件の場合はフェイキックIOLかラセックなどのサーフェイスアブレーションを選択し、また期待できる視力に関してもしっかり(やや厳しめに)お話しております。これがなされていなかったとすると問題ありですね。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室