名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症-PRK後のヘイズ

Q、 4年前に、地元の眼科で視力屈折矯正手術をした者です。右目はレーシックで、左目はPRKでやりました。
右目は、ずっと1.5で安定していますが、左目は初回手術後2.0までいき、半年後にヘイズが出て0.4まで低下・・・以後、点眼薬で治療を続けるも効果なく、翌年、再手術しました。2度目の手術は最初からよくなくて、翌年、3度目の手術。こちらは、1度目と同じ経過で、やはり半年後に「少しだけヘイズ」が出て、0.8まで低下・・・以後、ずっと0.8のままです。主治医の先生の話だと、「ヘイズが少し出ているため、視力が思うように上がらない」とのことです。

その病院でいだたいたヘイズ薬は「リンデロン」「オドメール」です。いずれも効果ありませんでした。何か、ヘイズに良い治療方法や薬はないのでしょうか?

(33歳 男性)

A、

ヘイズの治療薬としてはその他「リザベン」という薬(本来は抗アレルギー剤)がありますが、今から使用してもあまり効果は期待できないかもしれません。多重手術はヘイズの危険性が高まってきますが、手術中にマイトマイシンという薬を用いることもあります。 長い経過でヘイズが消えていくこともありますので、しばらく様子を見ていくのもよいかもしれません。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室