名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症ー層間炎症

Q、

4日前にイントラレーシックで手術を受けました。翌日検診の後から右目が白く曇るようになり、地元の提携眼科で今日診療を受けた所。両目に炎症が有ると言われ、ステロイドの目薬を出してくれました。先生によると「感染による炎症では無くて、術後の傷による炎症、いわゆる層間角膜炎」と言われ自分でも調べてみたのですが不安です。層間角膜炎は結構発祥する人は多いのでしょうか?また、どのぐらいで治るんですか?

重症になるとフラップを開けて再洗浄する等色々書かれていましたが、重症になるとどの様な状態になるのでしょうか?現在は両眼とも視力は問題無く出ていて右目の曇りだけが気になる状態です。

(20歳 男性)

A、

層間炎症は、施設にもよりますが、ごく軽度のものを含めれば1割くらいは発症するのではないかと思います。強いものは 1%以下でしょう。 3日目くらいで炎症はピークになり、通常はステロイド点眼で1週間ほどで改善します。その強さにより4段階に分けられ、3段階以上になると「曇り」などの自覚症状が出ます。4段階になると、永続的に視力障害を残すことがあります。そのため、3段階になった時点で、フラップ下の洗浄を行います。感染とは違いますので、通常痛みなどは伴いません。今はどの段階なのでしょうか。提携眼科の先生のご判断にお任せするしかないと思いますが、その先生は洗浄は出来るのでしょうか。 洗浄のタイミングを逸すると、4段階へ進行する可能性もあります。 私はそのような無責任な診療システムに疑問を感じます。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室