名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・合併症ー近視のもどり、ハロ・グレア

Q、

レーシック手術して3ヶ月になります。術前0.02で、術後両眼1.5でしたが、最近急激に視力が落ちてきて、両眼0.7ぐらいです。また、術後強烈なドライアイとなり、20分置きにソフトサンティアが欠かせません。また、術後、強烈なハログレア、スターバストとなり、夜間の運転は、不可能な状態となりました。できれば、再手術をしたいと考えていますが、これらの原因を解決できるでしょうか?今は、日に日に視力が下がっている気がしますが、手術はいつごろがよいですか?夜間見やすくする方法はありますか?
屈折―7D、夜間瞳孔7ミリ

(36歳 男性)

A、

これだけの情報ではなんとも言えませんが、近視が強かったのでありうることです。 術前にはそのような可能性についてのお話ありませんでしたか?ドライアイに対してもしっかりした治療が必要です。まずは主治医に今の状況をしっかりチェックしていただき、安定かつ安全が確認できたら再手術をしていただいてはいかがでしょう。今の症状のすべてが解決するとはいえませんが。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室