名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・新技術-NIDEKレーザー

Q、 レーシックの手術は医療器具の進歩なしでは語れないと思いますが、先生のクリニックは今世界に存在する最先端の器具と比較してどれくらいのレベルのものですか?
A、

基本的に日本のNIDEKというメーカーの器械を使用しております。NIDEKは世界的にみてもトップレベルの会社です。(トヨタみたいなものでしょうか)NIDEKの持っている最高スペックのものを常に導入しております。


Q、

ニデックの機械でできるようになればリフラクティブ アイ クリニックでもやるようになりますよね。そうしたらウエーブフロントのラセックも行われるようになるのでしょうか。

A、

ニデックは独自の照射方式でのアプローチになると思います。ファイナルフィットと言われているもので、不正乱視の矯正が主になるでしょう。使用可能になったら当然当院では真っ先に導入すると思います。いつになるかは分かりません。必要に応じてラセックも行っております。


Q、

名古屋アイクリニックで使われているレーザーはEC5000CXなのでしょうか。ニデックEC5000にCXがついたのは新しいものなのでしょうか。以前のものにCXはついてなかったと思うのですが。

A、

そうです。日本のニデック社のものです。.CXは顕微鏡のズームとアイトラッキングシステムが装着された新機種です。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室