名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・新技術-イントラレーシック

Q、 最近イントラレースという機械によるレーシック(イントラレーシック)をよく耳にしますが、本当に全ての点で優れた機械なのでしょうか?
A、

インターネット上の広告によるものか、同様のご質問をよく受けます。私自身は使用経験がありませんので、海外での学会、文献などから得た情報からお答えします。まず、利点としては、

(1)正確な厚みのフラップを作成することが可能である。
(2)フラップ作成時の合併症がおきにくい。

が挙げられます。欠点としては、

(1)最新のマイクロケラトームに比べて切除面が粗い。よっていくらレーザーが高性能でも、スムーズな綺麗な切除ができない。
(2)フラップ作成後に気泡ができるので、すぐにはレーザー照射が出来ない。よって、手術に時間がかかる。
(3)フラップ作成後、手術途中に患者様はエキシマレーザーのところまで移動しなくてはならない。
(4)術後、層間炎症(DLK)が起きやすい。

が、挙げられております。

将来、とても有望な機械とは思いますが、現時点では開発途上であると思います。マイクロケラトームによるフラップ作成の手技が未熟の術者にとっては、安全なよい機械かもしれません。

(参考文献)

1. Journal of Refractive Surgery 2003 Vol.19:8-14
2. Journal of Cataract and Refractive Surgery 2004 Vol.30:26-32


Q、 イントラレーシック術後50数日目です。両目とも0.02が1.2に。(いい時は1.5)夜間、特に明るい光りの周囲(8方)に、虹色の「筋(棒)」が走ります。虹の「輪」がでれば、緑内障?白内障?云々と聞いたことがあり、心配になってきました。現在は、起床時にドライアイを覚え、ヒアレイン、クラビット、フルメトロンの3種で治療中です。これに関しては時間が解決してくれると思い、何も不安ではないですが、虹の件を聞き、相談したく思いました。受けたクリニックでは、きっと「問題ない」といわれると思い、あえてそちらに相談しようと思いました。視力自体は問題なく、乱視も解消され、幸せです。どうかお教え下さい。
A、 私自身イントラレーシックの経験がなく、また、これに関する文献等があまり出ていないので詳細には分かりませんが、当院の小島医師の留学先からのレポートによると「この原因はよく分かっていませんが、術後一過性に光を眩しく感じる症状が起こりやすいようです。」と報告されております。

http://www.lasik.or.jp/about_clinic/r_report050811.html

あなたの目に起こっていることが、レーシックに伴う「ハロ、スターバースト」なのか、それともイントラに特有の現象なのかは分かりませんが、一般にレーシック後は1週間ほどでステロイド点眼は終了するのですが、50日経過した今もフルメトロン(ステロイド点眼薬)を続けていることは不思議ですし、また、これによるステロイド起因性緑内障が起こっていないとも限りません。光の現象も含め、これらのことを事前に説明がなかったのでしょうか?お受けになられた医院のインフォームドコンセント、アフターケア体制などに問題はないかと心配です。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室