名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他…高度近視眼の再手術について

Q、

再手術について。
2010年2月イントラTSレーシックにて手術。1ヵ月で0,2に落ちたため再手術を勧められるも、決められず現在に至る。術前ー10D0.04の強度近視。角膜厚は490残っており再手術は可能とのことだが、他眼科医から、目の質が落ちるし、もともと強度近視にはレーシックは薦めたくないと最近聞いた。角膜厚があればいいというものではないのですか?

(47歳 女性)
A、

難しいご質問ですが、角膜厚が490μmあり、イントラレースを使用した場合フラップは薄く出来ますので、「残存角膜厚400μm、角膜ベッド250μm以上」という通常の原則から従うと、大丈夫のように思います。ただし、角膜形状に異常が出ていないことを確かめる必要があります。
また、眼科学会のガイドラインからは、10D以上は矯正しないことが謳われておりますので、初回プラス今回の角膜切除は慎重に考えなくてはなりません。 
以上、主治医としっかり話し合ってお決めください。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室