名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他-モノビジョン

Q、 アメリカでレーシック手術を受けて半年がたちます。両目を開けている限り遠くの景色も、雑誌の小さな文字もはっきり見えます。ただ現在の視力は、左1.2右0.6です。
手術を受ける前までは老眼の兆候はまったくありませんでした。ですが左片目では小さな文字は読みずらく、右片目では遠くがはっきり見えません。ちなみに私の利き目は右目です。このままでいるか、右目だけ再矯正手術をするか迷っております。両者の長所、短所をお教え下さい。
A、

さて、あなたの目は今「モノビジョン」と呼ばれる状態ですね。 アメリカでは積極的になされているとお聞きしてます。
まず、この状態で両目で遠くも近くも見えて、違和感が無いようでしたらこのままいかれたらどうでしょうか。
モノビジョンの際、「利き目」が遠くにあっているかどうかはあまり関係ないようです。
48歳という年齢でしたら、十分老眼になっておりますので、右を追加矯正すれば必ず老眼鏡が必要になります。今の状態で、日常生活、仕事時、余暇などさまざまな状況でどうなのかを考えて結論を出されてはいかがでしょうか。モノビジョンが成功していれば、とても便利だと思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室