名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他-術式の選択 ラセックorPRK

Q、

昨日検査をし、ラゼックを勧められました。 そこで、エピとラゼックとで迷っています。 術式の違いは分かりましたが、痛み・リスク度・術後の結果・値段の違い等が分かりません。 シャンプーが目に入った痛みが4日続くとか、ゴミが入った時の痛みとか聞きましたが、先生はそんなに痛くない様な事をおっしゃっていました。 どちらが少しでも痛くないのでしょうか? 病院によってエピだけしか手術をしないとか、ラゼックだけ、と違いがあるのは各先生のお考えだけでしょうか? 両方やっている病院ではどのようにどちらを適応するのか決めているのでしょうか?  

(35歳 女性)

A、

ラセック、エピレーシック、PRKはサーフェイスアブレーションと総称されるように、ほぼ同じ術式です。角膜上皮の取り扱いに若干の違いはあるものの、現在のところ結果には「あまり差がない」というのが事実のようです。このあたりは国内を問わず海外でも議論されておりますが結論は出ておりません。 従いまして、自院で行っている術式をアピールする施設も多いのですが、どれが正しいというものではございません。(これは昨日行われておりました、「眼内レンズ屈折矯正学会」でも同様な議論がかわされ、そのような結論でした) 当院でもすべて行っている(いた)のですが、一番確実で安全な術式ということでラセックを第一選択に、その追加矯正にはPRKを選択しております。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室