名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他-近視の目への老眼の変化、など

Q、

私は軽い近視(両眼とも約0.4)で、昼間はコンタクト、帰宅後は眼鏡を使用しています。煩わしさから解放されたいのでレーシックの手術を希望しています(7月に手術予定)。期待は大きいですが不安もあるのでまだ迷っています。いくつか質問させてください。

・私の母が、「若い頃は軽い近視で遠くがよく見えなかったのに年をとったら見えるようになった。」と言います。老視が始まると、近視が治っていくものなんですか?

・上の質問が事実でない場合、近視で老視 (遠視?)というのは一般的なことなんですか?その場合、先生はどう対処するのがベストだと考えられますか?

・今は暗いところでもぼんやりと物の位置は分かりますが、レーシックを受けると暗い場所では見えにくくなると聞いたことがあります。本当ですか?

・長い目で見たとき、コンタクトの長期使用とレーシック手術とでは目へのダメージはどちらが大きくなりますか? 

(37歳 女性)

A、

1)私の母が、「若い頃は軽い近視で遠くがよく見えなかったのに年をとったら見えるようになった。」と言います老視が始まると、近視が治っていくものなんですか?

年とともに水晶体が変化していきます。人によっては「遠視化」(老眼ではありません)がおこり、軽い近視が治る方もいると思われます。

2)上の質問が事実でない場合、近視で老視(遠視?)というのは一般的なことなんですか?その場合、先生はどう対処する のがベストだと考えられますか?

近視の目にも老眼はおとずれます。その際、近くを見るときは眼鏡をはずせば近くを見ることができます。つまり、軽い近視は近くを見るということに関しては、便利な目ということになります。

3)今は暗いところでもぼんやりと物の位置は分かりますが、レーシックを受けると暗い場所では見えにくくなると聞いたことがあります。本当ですか?

たしかにコントラスト視感度の低下に伴いそうなることもありますが、軽い近視の方はあまり起こりません。
      
4)長い目で見たとき、コンタクトの長期使用とレーシック手術とでは目へのダメージはどちらが大きくなりますか?

長い目でみれば、角膜内皮細胞への負担を考えると、レーシックの方が目へのダメージは少ないと思います。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室