名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

レーシックQ&A・・・その他ー術後夜間の目の保護

Q、

そもそもアレルギー持ちであり、かゆみから、夜(寝ている間)、目をこすってしまいます。 ただ、まぶたの上から目全体をということではなく、目頭(鼻に一番近い部分) を指の腹で強くこすってしまうようです。
寝ていてもかなり強くこすっているのが分かるのですが、それについて問題はな いのでしょうか?
フラップの大きさにもよると思うのですが・・・
フラップの大きさは、ほぼ黒目と同等くらいと想定しますと、こすっている場所とは違い、触れてはいないと思います。 いかがでしょうか?

(30歳 男性)

A、

術後は少なくとも1週間はこすらないほうがよいかと思います。当院では、就寝時に付けるゴーグルを1週間は使用していただいております。ご心配でしたら、それ以降も使用すると安心でしょうが、それも1ヶ月で充分と思います。 ちなみにフラップの大きさは通常8.5-9.0ミリで、角膜の直径は11.5-12.0ミリくらいです。従いまして黒目と同等ということはなく、内側に作ることになります。どこを擦っているか・・・これは何ともわかりません。

ご注意

このQ&Aは中村の個人的見解も多分に含まれており、又、御覧頂く方によりましては適切でない場合もありますので、鵜呑みにせず、あくまでも参考としてご活用いただくようお願いいたします。

レーシックQ&A一覧に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室