名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

なぜフラップを作るのか?

LASIK手術の特徴にフラップを作製することがあげられます。同じエキシマレーザーを使った近視矯正手術PRK手術との違いがここです。では、なぜフラップをつくるのでしょう。近視を矯正するためにはレーザーで角膜実質を削りますが、実質は角膜上皮、ボーマン膜という組織の下にあり、実質を削るためにはこれらの組織を除去しなければなりません。そのため、これを行うPRK手術では、術後角膜上皮が元に戻るまでの間痛みを伴い、視力が回復するまでに時間がかかります。また、炎症反応も強く起こり、術後しばらくしてから角膜上皮の下に瘢痕のような濁りを残すことがあります。この問題を解決するために考案されたのがLASIK手術です。LASIKでは角膜の約1/4の厚みのフラップ(蓋)をつくることにより、角膜の上皮とボーマン膜をほとんど傷つけることなく、角膜実質をレーザーで削ることが可能となりました。このため、痛みが少なく、視力の回復も早いので両眼同時に手術することができ、術後の安定性も良く、混濁を残すこともありません。

レーシック情報に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室