名古屋アイクリニック
レーシック等の近視矯正手術は日本眼科学会認定の
眼科専門医のもとで受けられるよう強く推奨します!

【 海外でのレーシック手術をご希望の方へ 】

 日本眼科学会ガイドライン  眼科専門医とは  病院の選び方

 レーシック相談
 Q&A

 レーシック情報
 アメリカの動向
 病院検索

 プロフィール

 レーシック相談室TOP

フラップが接着する理由

手術の際に作製したフラップは元の位置に正確に戻すことにより、糸で縫う必要もなくしっかり密着し、まばたきなどでずれたりすることはありません。これは角膜の最も内側にある角膜内皮細胞という組織のポンプ機能によるものといわれています。角膜内皮細胞は角膜を透明に維持するために常に角膜から水分を引いています。この作用で角膜のフラップは内側に引っ張られているため、一度密着したフラップは多少の外力が加わっても簡単にずれたりすることはありません。ただし、術後早期に目をこすったりすればずれる可能性はあります。そのため、一週間は保護用のサングラスと就寝時には目のガードを使用していただきます。

レーシック情報に戻る

最高の結果を求める方に最高の技術を!名古屋アイクリニック

©レーシック相談室